読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

治療に関わるお金の事

昨日、日帰り入院で抗がん剤4回目実施の際看護師さんに「聞いてもいいですか?」って質問された。それはお金の事。
私はアバスチン、エルプラット、5FUと三種の抗がん剤を実施中だが、その内のアバスチンの薬価が無茶苦茶高い。
それで同様の治療の他の患者さんからこんな高い薬は続けられない、と言われたらしい。それで窓口でいくら位払ってるのか差し支えなければ、との事だった。
金額は各人の価値感で違うから何とも言えないけれど、高額医療費の補助制度が健保や国保にはあるから1ヶ月の上限があって、無茶苦茶な数字にはならないのでは、と答ておいた。
高額医療費還付は数ヶ月遅れとなるけれど、予め申請しておけば病院が直接患者の加入してる健保に請求してくれて、上限までしか窓口で払わなくて良い制度のことと手続き方法がある事も主治医の先生に入院時に教えてもらったので、入院中に私は必要な物を集めてコレを手に入れた。