読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

大阪弁やん

今週のお題が「方言」だったので、ちょっと。
生まれも育ちも大阪の私は夫の仕事の都合で首都圏にやって来て、地元の子供達が喋ってる言葉が外国語に聞こえたのも20年以上前の事。
今や、外ではこっちの言葉、家では大阪弁と完全なるバイリンガルとなった。

家族全員大阪生まれやけど、娘達はもう大阪弁は喋られへんねん。忘れてしもたらしい。(と急に口語になる)

それでも単語でイントネーションが違う、と指摘されることがあるらしい。

そういや、我が家は本籍地も大阪のまま。もう大阪に住むことも無いだろうから、色々と終活する中で本籍地変更も1つやるべき事に入れておくか?
人が亡くなるとその人の出生時の本籍地までたどるので同じか?

終活と言えば、生前遺影撮影も綺麗にヘアメイクしてもらって撮ろうと思ってる。
何せ、8年前78歳で亡くなった父の遺影が私の結婚式の日の朝の写真、実に55歳の時に写真だった。(何年前や!)母もその日のを使おうと思ってるらしい。
私も両親に倣い、早いうちにそしてしわくちゃになる前に撮ってもらおう!