或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

全労災で日帰り入院の請求手続きをした

今日は保険の事。

私自身、健康な時は自分がどんな保険に入っているかもよくわからず、保険料を毎月引き落としや給与天引きで支払い続けてきていた。

病気になってもあまり保険には期待していなかったが、あちこちひっくり返してみて意外にも三つも請求できる保険があることが判明した。

一つは全労災、もう一つは元郵便局の簡易保険、いまのかんぽ生命。そして、夫の生命保険の妻への60%補償の特約。

病気発覚時の入院と手術は退院後、請求をして支払われた。これで次にまた変化があって何日も入院したらまた請求できることもあるだろう、位に考えていた。

 

現在隔週で実施している化学療法=抗がん剤治療が入院扱いであることは承知していたが保険金請求は4日とか連続して入院しないと払われないだろうから、ムリと勝手に思い込んでいた。

ところが昨日「保険 日帰り入院」で検索したら全労災のサイトが引っかかった。それで、オンラインで共済金請求手続きのページを入力して行ったが、入院日と退院日が同日で入力するとエラーとなり受け付けてもらえなかった。

やっぱりねぇ・・と思いながら、さっき思い出してフリーダイヤルに電話してみたら、いともあっさりと受け付けてもらえ、書類を送ってもらえる運びに。

もちろんその書類を提出したのちに支払い決定の有無が判断されるけれど、ハナから保険に期待してなかったら私には意外な成り行きだった。

 

他の保険も確認してみる価値ありなので、後日また行動に移す。