或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

固定費の削減で高額な医療費に負けない家計を維持する

昨年暮れから降ってわいたように高額な医療費の負担が毎月発生している。そして仕事は1ヶ月半休みその後も抗がん剤で調子が悪い日は出勤できず、時短の日々も先月まで続き、私自身の収入は激減してる。
リタイア後の生活を考えて持たない、買わない暮らしを目指していたが、私自身の老後はあるかわからない。夫が一人になったとしても、下流老人にならないようお膳立てだけはしておきたい。
それで、先月から着手した事。
1 新聞を止めた。ー4090円也
2 車を1台にした。休みの日に夫や娘が乗るため二台持ちだったが、嫁いだ長女に保育園通いもあるし燃費も良いからプリウスを贈呈した。これで保険料月ー13000円なり(21歳未満不担保だったから高かった)
3 駐車場解約 ー5000円 これは1台減ったことによる当然の結果
4 ソフトバンクを解約して楽天モバイルにした。これはまだ1カ月未満で支払いが発生していないから削減額は不明。
ソフトバンクでは9000円近く払ってたので6000円以上はへらせる算段。
これが上手く行けば他の家族も変更すると言っている。

ざっと概算28000円位月辺り減らせるが車を1台にした事で税金や車検等の負担も減らせるので年間で考えると大きい。
長女夫婦はタダで車齢も行ってないキレイな真っ赤なプリウスが降って来て喜んで貰えたからお互いハッピーだ。

でも保険は減らせない。止めるともう入れないし、私は全労済簡保のみで、あと夫の生命保険の妻型(入院手術の際6割出る)がある。今回はこの保険のお陰で家計負担も収入減にも対処出来た訳だが、長いスパンで考えると不要な支出は減らして、食事や健康にお金を回し更に自己投資に使えれば良いな、と思ってる。
リタイア後の夫婦で一年以上かけて世界一周バックパッカーもどき、が出来るのが一番の大きな野望だ。
f:id:yucacoi24:20160421085521j:image
たまにはコメダ珈琲でまったりお茶したりも心の栄養だわ。
お正月以来だけど、その時はこのココア一杯すら飲めなかったから、今の私からは想像できない。今は食欲全開、美味しく頂ける。但し抗がん剤直後は除く。