或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

大腸がんがわかってから手放したもの

私は昨年辺りから生活のスリム化に本腰を入れ始めていた。

 

その途上で病気が分かり、更に自分の終活も兼ねて多くの家にある物を手放した。

例えば大きなモノではアップライトピアノや二台ある車の内1台とか壁一面の書籍約3000冊とか。大分スッキリしたとは言え、それでもまだまだ家にはモノがある。

 

断捨離疲れとでも言うのか、ここ最近はあまり大きくものは減っていない。それでも、家に入れるモノを減らしたおかげで増えはしていない現状。

これまでの私ならボーナスでお金が手に入ると気が大きくなって服やら本やらデジタルガジェットやら深く考えずに買ってきたけれど、今年の夏は20年近く使った洗濯機の買い替えのみだ。

 

そっか、手放したもので一番大きかったのは物欲だったかも知れない。

 

モノ消費を控えて、コト消費で自分の人生を豊かにさせたい。