或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

ロングスリーパー

私はどちらかというと、いや確実にと言っても良いくらいロングスリーパーだ。

子供の頃から何時に寝ても朝は起きれず苦手だった。そして休みは放っていれば何時までも眠っていただろう。

しかし当時はそんなことは許されず、当然、朝になれば叩き起こされて学校へと急き立てられ、休みの日も当然、何時まで寝てる気⁉︎と寝床を追い出された。

そして、大人になっても子育てやら会社勤めやらで思う存分眠るなど、生活の中では傍に追いやってきた。

朝、爽やかに自然と目覚めたことなどこの長い人生でほぼ皆無だ。

 

すっきり目覚められない自分、朝が苦手な自分に対して怠け者でだらし無い自分だという風に劣等感も抱いていた。

 

いつの頃かロングスリーパーショートスリーパーという言葉と内容を知り、なるほど!と自分のこれまでの睡眠の足りない日々の辛さに納得出来た。

そして自分が低血圧である事も。

 

最近、抗がん剤治療の当日から数日起き上がれなく、また気づいたら眠っている自分について、これまでの人生で寝足りなかった分を取り返して眠ってしまうのではないか?という考えがふと浮かんだ。

3-4日間、自分が眠りたいだけ眠っていて良い状態などこれまでの人生で皆無だったから、これほど贅沢な睡眠タイムは無い。

そう思えば、辛い抗がん剤投与中とその後の数日も、幸せな時間だ。

 

朝晩、冷え込む季節がやって来て、ますますお布団の快適さから抜け出せない季節。次の治療の時は眠れる幸せを感じながら寝転がっていよう。

その上副作用も軽く済めば一石二鳥だ。

f:id:yucacoi24:20161015001958j:image

次女のおごりで今夜は三女と三人でとんこつラーメンの一蘭で🍜。

風邪がまだ完治せず鼻水がズルズルであまり味がわからなかったのが残念。