読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

FOLFOXと蕁麻疹

今日は抗がん剤投与の日。

朝、病院行って血液検査してもらい、白血球値を測定。多分出来ないだろう、と思っていたら、意外や意外、ギリギリ2900って所で決行。

風邪がまだ完治せず鼻水と痰の絡んだ咳が出るけど、実施した。

風邪のせいと日頃の疲れの蓄積で横になったら眠ってしまった。

途中、物凄く暑くてお布団を蹴飛ばして寝ていたら、看護師さんが「あらまぁ、真っ赤っかよ!」と言って飛び込んで来た。

起きて見ると脚も腕も背中も何処もかしこも真っ赤っかで蕁麻疹だらけ。

寝ていて気付かず、痒みも感じて無かったが、気づいた途端痒くなって来た。

ほぼほぼ入ってしまってたエルプラットを止めて、レスタミンを一錠飲んだ。

効いて蕁麻疹が引くまで約30分。その後は強烈な眠気でまた眠ってしまった。

バルーンジェクターに薬を入れてもらい帰宅したが、帰った途端又お布団直行。

ヒスタミン薬は眠すぎる。

 

それにしても、もうエルプラットは出来ないかもしれない。取り敢えず次回はレスタミンを飲んでから開始する、という事になった。