或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

怒りともやもや

今日は無茶苦茶腹が立ったことがあったからここで吐き出しちゃう。

 

職場での事。

私は昨年、大腸がんステージ4とわかり、入院して職場にも大変迷惑かけた事位は分かっている。その後復帰しても抗がん剤治療の副作用で休む日もあり、出勤しても下痢や吐き気で帰宅する日もあり、それも他の人に負担をかけているのも重々承知している。

だから、私が病気のため勤務形態おいても誰かの負担が重くなり、誰もが快く引き受けてくれる訳では無いし、その時々で「いやぁ 参ったなぁ」と思われたりしてるだろう事もわかってりつもりだ。

 

つまり、病人は職場では肩身が狭い。

なのにその上で、誰々がこう言ってるだの何だの私にご丁寧に報告をして来る奴が居る。本人は忠告つもりか、人の話を面白がって伝えてるのか本意は不明だが、余計なお世話だ。

 

私の仕事内容に不満があるなら甘んじて受けるが、今の状態で病気と共に働いている勤務形態について、あーだこーだと私に言って来るのは鉾先が違う、とはっきり断言した。

それを言うなら、私の上司に直接言ってくれ、私は今の様な治療と共存して働く方法を幸い上司にいや、会社に認めて貰って何とかその中で私なりに迷惑をかける事を少なくなる様にやりくりして来たが、それでもやりくり不足だったか。

残業だって時にはせざるを得ない時もあるが、やはりしなくて済むなら済ませたい。(それは健康でも同じだ)

いちいち、誰が何言ってるとか言いに来るな!大体本人じゃないし。

 

私のせいで他の人の負担が増えるのならもっとフォローできる体制を作っておかねばならない。自分の配慮が足りなかったのは反省すべきだが、肩身が狭い人間を追い詰めて面白いのか、と言いたい。

 

しかし面白がって私に耳打ちしに来た本人は私がこんなに怒るとは思わなかった様だ。怒る価値も無かったかも知れない。