読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

髪の毛が

前回の抗がん剤がカンプト(イリノテカン)となり、副作用に脱毛が出る人が多いのは知っていた。

 

でも主治医のよると人によるから何とも言えない、との回答だったが、先日美容院に行った翌日から、入浴時の洗髪でものすごい量が抜けるようになった。

前回も一度カンプトをやった時にも恐ろしい位抜けたが一度だけだったので、直ぐに止まった。

 

しかし、今回は次もカンプトとなるのでもう脱毛への覚悟が必要となって来た。

 

今のところは元々髪が多かったので、まだ減った事すら分からなそうだが、今朝は明け方の夢で髪が抜けてしまい、「どうしよう、今日はもう外に出れない」などと困ってる夢を見てしまった。

 

なので、医療用ウィッグのお店に相談の予約をした。明日は仕事休みなので行ってくる予定。

用意してれば、不安も少しは解消されそうだ。

でもやっぱり、髪が無くなったりするのはかなりメンタルにキツイものがある。

 

私は抜けない!って思おうとしてたけど、やっぱ来ちゃったか。

でもカンプトを止めれば、抜けないとも言えるが。

 

と堂々巡り。もちろん次回抗がん剤の時に主治医にも聞いてみるつもりだ。

髪が抜けるの困るって言われても主治医も困るだろうけど。