或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

お粥が沁み入る

抗がん剤の寝込む日々からの復活途上に必ず遭遇する胃の痛さ。

そして胃酸が上がって来てウップウップなりそうな症状も。

私はエルプラットとアバスチンの時は投与後全くなにも食べれなかったけど、今のカンプトとサイラムザでは少しだけ食べれるので、前よりは体力の回復が早い様だ。

でも少量しか食べれなかった胃に普通食を入れて行くのだから負担が大きかったんだろう。

 

今日は出勤途上寄ったセブンイレブンで小さなサイズの鮭のお粥を見つけたのでそれをお昼に持参したら、何と胃に優しく、薄味も沁み入る様に身体に入って行った。

小さいサイズでも、残しちゃう時期だけど、今日は完食出来た!

お粥の美味しさを噛み締めた今日のお昼だった。

夢中で、でもゆっくり食べたので残念ながら画像は忘れた。