或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

団体長期障害所得補償保険

表題の保険での募集が勤務先で来た。

つまり病気やケガで収入が途絶えた時、1年6ヶ月の傷病手当金の支給が終了した後、60歳まで勤務先の制度で標準報酬月額の15-30パーセントの毎月の補償があるが、それ以上の任意上乗せ加入制度という事らしい。

その加入の意思の確認が来たが、恐らく私は加入できてもケガのみだろうと予想されるし、60まであと5年しか無い(55歳なのよ!)ので加入は見送った。

 

今の私は60まで勤められたら大したもの、いや人生儲けものだなぁと思う。

 

一方で、世帯主である会社の若い男の子達には、私は世帯主じゃないから、がんになっても大きく家計が揺れたりしなかったけれど、これが夫だったらこういう保険も入って無いから大変だったと思うよ、と思う所を伝えた。

 

先行きの不安さであれこれ保険に入り過ぎるのもどうかと思うけど、私が20歳若かったらどんな判断をしただろうか。

 

行き当たりバッタリ人生で来たから、きっと加入しなかったろう。

 

f:id:yucacoi24:20170618224642j:image

 

大腸がんカテの金魚さんの赤シソジュース、リーバーペリーラをアマゾンで注文したのが今日届いてた。

父の日に夫に花を買って来て、一緒に開けて飲んでみたらとっても美味しい。

その後帰宅した次女と末っ子も勝手にグラスで飲んでいた。

これはイケる!