或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

確かに前ほどパワフルじゃない

抗がん剤が当初のエルプラット+アバスチンからカンプト+サイラムザ、そして今はカンプト+ザルトラップと変更になる毎に体力の低下を感じている。

 

エルプラットの時は白血球値が上がらなくて、なん度も先送りとなったけど、実施後一度復活してからは、結構元気だった。

 

カンプトに代わってからは白血球値はそれほど下がっておらず、三週毎に実施出来てる。

サイラムザ→ザルトラップとどっちもじわじわと副作用がやって来るタイプのようだ。身体の倦怠感と言うか疲れやすさや、血圧の上昇。そして何より悩まされてるのは浮腫みだ。

浮腫みはその日の体調によって起きた時に見える事なので、予防も何も出来ない。

只、枕をして寝ると顔の浮腫みが軽減される事だけは確か。

 

そして蕁麻疹。これは薬疹なんだろうけど昨夜は凄かった。大きな丸がボコボコ身体中に出て、頭皮まで凄かった。頭のカタチが変わる位のデカイのが山盛り出た。予め処方されてたデザレックスを飲んだら朝起きた時は消えていた。

 

前ほど元気じゃないけど、まあ普通に出歩いて家事も仕事も出来てるんだから、上々と思っておこう。

 

只その家事もケモで寝込んでる間に家の中は凄まじい事になってたりする。そこそこやってくれてはいるみたいだけど、トイレにはお掃除サボったリングやら、洗濯物は誰も干さず、何日も溜まったままとか。それにトイレットペーパーやら洗剤やら必需品が切れてたりする。

復活後はこれらの家事も結構な体力を私から奪う。

 

何もしてないようで、やっぱり私も主婦の端くれだったんだなぁ、と夜遅く帰宅して米を研いでる時に思った。

 

今日はお休みで、もう夕飯出来てるもんね〜!