或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

FOLFIRI +ザルトラップ3回目 2日目

2日目だがまだバルーンジェクターは繋がったまま。明日の朝までは湯船にドボンと浸かれない。肩を湯船に入れれないのは50肩ホルダーには辛い。

 

などと言える位だからそれほど副作用は酷くない今朝。ザルトラップ減量のお陰か?

 

ところで先日職場の健康診断を受診してその結果が届いた。

血液検査などは月イチで病院で実施して悪い値は分かってるけど、やっぱ肝臓に関する数値が飛び抜けて悪い為に要精検という紙が付いていた。

そしてレントゲンでポートのカテーテルが写るのは当然ながらその他、両肺にも影が写ってるからそれも要精検との事。

去年の健康診断では肺に関しては何も無かったから、腫瘍が写り込む程大きく無かったんだろう。しかし今年は大きくなっちゃったって事だ。

 

昨日は帰りがけにそれを主治医に見せて引っかかったところは治療中と書いて頂いた。

それにしても血液検査の結果が肝臓に関する部分がどんどん悪化している。

それに腫瘍マーカーもじりじり上昇中。

 

唯一罹患前より大幅改善できてるのが貧血に関する数値。やっぱ便とともに血が出てたんだなぁと改めて思った。

 

アルブミンも蛋白も低いなりに凄くは悪化してないから低空飛行維持してくれ。

 

と数値を見ると楽観はしてられない状態だけど、来週後半からまた旅に出ると主治医に伝えたら、行ってらっしゃいと即言って貰えたので、行って来るぞ〜!

 

その為の準備もこの抗がん剤治療での休み中にしないとね〜。