或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

ポートの内出血

前回の抗ガン剤終了後、抜針したら大出血した事は書いた。

その後平穏に過ごしてたけど3日程前にお風呂でポートの所が真っ青になってる事に気付いた。

 

で気になったので今日はお休みだったから病院に行ってみた。

相変わらず満員で待つ事数時間、主治医に診てもらうと今のクスリであるザルトラップは血が止まりにくいので、内出血してるけど大丈夫との事。

抜針後も出血したのも血が止まりにくいからだよ、と言われ一安心だったが、待ってる間前回のCTの所見が自分のカルテに打ち込まれてる箇所を読んだ。

肺も肝臓も半年前より増悪も半年にしては大きくなってない、と言う事らしい。

当日はそのような説明を受けた様な気がするけど、なんせケモ後は気持ち悪かったりでまともに耳に入って来ない。

 

どっちにせよ徐々にだが悪くなってる。

それは血液検査の結果が如実に表してる。

腫瘍マーカーも肝機能の数字も益々悪化してる。

でも身体は至って普通で元気。

ちょっと疲れやすいけどね。

 

今日は通院ついでに50肩用の湿布も処方してもらえたので、肩が軽くなる事を期待。