或る日突然

2015年12月5日に大腸がんステージ4告知。肝臓と肺に転移あり。抗がん剤治療しながら日々のことを記録しています。

夫の存在がストレス

今日は貯めてる毒を吐く。

 

我が家の夫。

昨年暮れに脳出血を発症して、幸い後遺症も無く現在普通に生活を送っている。

そして発症直後はタバコもお酒控えていたが、今や全く節制するどころか、じゃんじゃんカラダに入れてる。

 

元々異常なくらいビールを飲む人で1日に350缶12本が普通。

若い頃はその缶が500だったから減ったと言えば減ってるかも、だけど尋常じゃない飲み様。

それも毎日。はっきり言ってアル中だ。

休日は朝から飲んで、12本が18本位。

 

昔はそのお酒代の事で生活が成り立たず、よくケンカした。でもワタシが自分でも稼ぐ様になってからはお金の事では揉めなくなったけど、健康面で色々とケンカは発生する。

酒とタバコで身を滅ぼすなら本望だと言い、自分の金で呑んで何処が悪い!と酒呑みの常套句を吐く。

 

更に悪い事に酒だけ飲んで他は一切食べなくても平気な所だ。

元々食事は好き嫌いも多く、殆ど食べない人で異常に痩せている。

 

単身赴任も長かったが、会社から出る帰宅費用は全てお酒につぎ込み出張時と盆と正月しか家には帰って来なかった。

 

そんな夫が病気発症してから、これで私より早く死ねるかも、と病気を喜び更に悪化させたいと自分の意思で不摂生をしている。

最近急に我が家の犬が鬱陶しいと言って、一切家で食事をしなくなった。

もちろんリビングにやって来るのは冷蔵庫からビールを出す時だけ。

朝も昼もそして夜もハンストかと思う位もう2ヶ月以上経過中。

 

要するに家庭生活が破綻している状態だ。それに関して私が何か言っても、俺はいつ死ぬか分からないから、どうのこうのと言い出す。

つまり私より重篤で危険な病だと思いっきり訴えている。

 

こんな状態で抗がん剤治療しても、良くなる筈も無く、回復遅いわ。

だから時短に踏み切った。

 

さて今後どうしようか。多分私は60歳を迎えるのは厳しそうだから、時々さっさと自分の人生終わらせちゃえばいい、と思う事がある。